決断した時



e0036677_17450611.jpg

実に日本的で見た目の雰囲気は良かったのですが。。。
住んでみると結構な苦痛と危険を長年味わいました。

3.11震災以後は、室内の建て付けや水周りが壊れ、家族がストレスを多々感じ始めます。
地震保険はおりましたが、屋根だけ直して他は直すのを諦めました。
震災は2011年の出来事なので、もう6年も前なのですね。

この間に義父さんが他界しました。

良い家ってなんなんでしょう。。。
ずーっと考えていました。

潤沢にお金があれば別ですが、雰囲気だけでは住めないのです。
兎に角、70を超えた義母さんに安全に快適に過ごして長生きして貰いたい。

問題は、資金と建築業者。
そしていつ着工するか?

本格的に動き出したのは、3年程前でした。
各住宅展示場を回り、地場の工務店を回り。

最終的に、もっとも信頼できた営業と設計さんのいるHM(ハウスメーカー)に
去年初頭に決め仮契約をしました。
仮契約後は、何十回と打ち合わせをして40通り程の図面を書いて貰い、今年の正月明けに本契約。
実に楽しくもあり苦しくもありました。
結局、予算はオーバーしましたが、その分母が資金援助してくれます(爆)。
母の要望をガンガン入れての予算オーバーもあるので(笑)。

建築業界ってのは面白いモノで、筋の通らない営業を平気でしているところや
値引き500万とか平気で言ってくるところ等もありました。
その時点で信用無し(笑)。


そして、娘も無事高校に合格し予定していた時期に家の解体が始りました。
e0036677_09184936.jpg

近所の人達からは、「まだ住めるのにー、勿体無い」と、度々言われますが、
実際に住むとどう感じるのでしょうね?

一番の問題は、上がり框が内玄関から40cm程上にあり更に一段高くなって廊下に続きます。
亡くなった妻の祖母が足を滑らせ骨折、義父も足を滑らせ怪我をしました。
義母が怪我をする前に立て替えが出来て本当に良かったと思います。
でも、妻は引越し先のアパートに2Fの外階段の部屋を勝手に契約してきやがったんですけど。
自分の親だからって、そりゃないだろって怒りましたよ。
しかも、家族全員住めるようなサイズじゃないという。。。
今年の年初は色々忙しくて仮住まい先を私が一緒に見にいけなかったというのもありますけど、
間取りだけ見て「それはやめろ」と、言ったところを契約してくるんだから大したものです。
不動産屋に「もう次の借り手がいるんです」と、言われ義母も焦ってしまい契約したそうです。
常套手段でしょ、そんなもん。無知とは恐ろしいものです。

そして、ダイニングのすぐ脇にあるトイレ。
初めてこの家に訪れた時、食事と排泄が同じ空間で驚きました(トイレドアはあるw)。
なので、私が生活するようになると隣の仕切りのある居間で食事をするようになりました。
引き戸を閉めたところで薄いガラス戸なので聞こえるんですけど。。。
聞こえたら耳を塞いでました(マジで)。
苦痛でした。
色んな事が重なり鬱病にもなりました。

家って外観では分からない事が多々あります。
建てた時代によっても変わってくると思います。

ただ、自分がいつまでも若いと思っていたら大間違いかもしれません。
一番危険な場所が家つーのは悲し過ぎます。

今後も家の進捗状況を書きたいと思いますが、引越し先アパートが狭く、私と長男だけ
平日は私の実家に住んでいるので、日曜に進捗を見に行く感じになります。

久しぶりに長々と書きましたが、借金背負い心機一転って感じです(笑)。








--

[PR]
by stonekun | 2017-03-31 20:16 | Comments(2)
Commented by さめ at 2017-04-04 10:54 x
いやぁ。ホント人それぞれの道。
今度色々話聞かせて。
俺も、この冬、初めて住宅展示場に行きました。
未だ買う気が起きませんが・・・(笑)
Commented by stonekun at 2017-04-04 18:19
さめさん こんばんはー。

月曜楽しみにしてます~。

展示場どうでした?
なんかシャレオツで凄くないですか?
湘南だとより一層凄そうですねーw


<< 2017年4月ポルシェカレンダー 引越し完了 >>