カテゴリ:読書( 52 )

オーディオブック

e0036677_1636132.jpg


友人に勧められたので、読んでみた。
と、いうよりオーディオブック版なるものを購入し、帰宅時の車内で1ヶ月以上聴き続けている。

最初は、金の事かよ って、思ったのだが、いやはやコレは。。。
お金の事もそうだけど、幸福を得る方法の指針でもあった。

しかも、誰にでも実践できる理論的な方法。
もっと若い時読んでれば、結構違ったかもしれない(笑)。

オーディオブックってのも良い。
最近、悲しいかな若干老眼が入ってきたようで、本を読むのがちょっとダルい。
そのくせ、手元に読みたい本は増え続けているのだから、もうアホ。

なので、このバビロンのオーディオブックは、車に乗りながら楽しめる。
更に、寝ながら聴けるので、寝落ちして本が顔に落ちてくる事も無いw。


こんなのこんなのも あるのだね。


料金。
amazonの定額1500円/月は、相当安い。
吉川英治モノが勢揃いってのも良い!(長編はかなり読んだけど覚えてないのよねw)
無料(定額制)ってのは、あの青空文庫的な感じなのか?

フィービーは、単純に高いw 本買ったほうが良いかなぁ。

なんかアマゾンの定額制ってのは勇気がいるんだよね。
とりあえず、手元の本を片付けてから考えようか?








--
[PR]
by stonekun | 2016-05-07 17:04 | 読書 | Comments(2)

小さいことにくよくよするな

e0036677_17193032.jpg


1月に読んだ本なのだが、この本のお陰でストレスが少なくなった。

内容は当たり前といえば当たり前の事が100項目程書かれているのだが、
酷く落ち込んで自暴自棄になりつつあった私にドンピシャとはまった。
いつからこんな考え方になってしまったのだろう?
いけない、いけない的な(^^;;;
私が過去にうつ病になった原因がまさにコレ。
ちょっと危なかったかも。
主に対人で悩んでいる人は買って損はしないはず。

それ以降、いつも鞄に入れてあったのだがこの間カミサンに貸したので今は無い。
自分用にもう一冊欲しいくらい。

落ち込みやすい人や怒りっぽい人には良い本だと思います。
600円位の文庫なので、読んで合わなければ諦めもつきます。









--
[PR]
by stonekun | 2016-03-01 17:30 | 読書 | Comments(4)

哲学?

数年前から、成功とか幸せ(幸福感)なんて言葉の意味がわからずソレ系の本を読む事が多い。

物欲は限りないが(笑)、それとて限度がある。
成功者と呼ばれる大富豪の人達ですら、悩みを抱えて生きている。

先日、カメラ好きの友人の仕事場へ遊びに行った時、私が持っている本が事務所にあった。
彼とは何となく似た物同士なので、本の好みも似ているのだろう。

で、幸せってなんだろうね?とか成功って何が成功なんだろうね?みたいな話を延々とした(^^;。
定義は人それぞれで、一般的な成功や幸せは他人が客観的に見て決める事かもしれない。
自分自身が感じる幸福感や成功感は、もしかしたら違う。


去年、アドラーという人に関する本を3冊程読んだ。
ぞっとした。

人殺しをした人は、人を殺したいと思っていたから人を殺した みたいな内容です。
つまりは、カッとなって思わず殺したのではなく、人を殺したくて殺せるタイミングを
探していたというのです。

例えば、私がカミサンに「テーブル片してくれよ」と、きつく言います。
その発した言葉は、潜在的にカミサンに文句を言いたくて、常にそのタイミングを伺っていた。
そして自分が言えるそのタイミングこそが「テーブルが散らかっている時」だったと言う訳です。

良書だと思った本は、長男や娘に薦める事があるのですが、10代の思春期には読ませたくない
と思いました。

このアドラー本がきっかけで、何も考えずにいたいと思うようになりました。
でもね、人間すぐに忘れちゃうんですよ(^^;;;。
何も考えない事を忘れる(笑)。

煩悩。。。そして無。

早朝、家族がまだ寝静まっている時に、瞑想をする事がある。
何も考えずに目を瞑る。
何ヶ月っても出来ない(^^;;;。
何も考えない事が出来ない。
呼吸を整えようとすると呼吸をする事を考えてしまう。

そんな話を友人にすると、無は難しいもんだね と、言われた。

防衛。
人間には、防衛本能があるそうです、そして反撃性も。
批判されるとまず防衛本能が働き、その後の反撃のチャンスを伺うそうです。
常に小さな戦争を人は起こしているそうです。
確かに(笑)。

そんな話を友人と出来るのは、幸せだなぁと思ったのでありました。
「かなり病んでんなー」と、何度か言われましたが、病んでません(笑)。

人は、その性格にあった事件しか出会わない。
性格を変える事は出来ます。

ちなみに、成功や幸福はまだわかってません(^^;;;








--
[PR]
by stonekun | 2016-02-13 13:10 | 読書 | Comments(4)

今月読んだ本

今月読んだ本
e0036677_1235934.jpg


「季節のない街」 山本周五郎
「深夜プラスワン」 ギャビン・ライアル
「小さな家」 ル・コルビジュエ
「ル・コルビジュエの全住宅」 
「銃とアメリカ合衆国」 ヒサクニヒコ
「旅するカメラ」 渡部さとる

他ビジネス書2冊
[PR]
by stonekun | 2015-03-31 12:36 | 読書 | Comments(4)

山賊ダイアリー等

e0036677_16484854.jpge0036677_1649675.jpg


日曜、ガッチリマンデーなるTV番組を見ていて、極楽の加藤さんが
「山賊ダイアリーを読んでいる」と言っていた。

実は私も以前から気にはなっていたのだ。
買いたいけどなかなか買う気になれない漫画が上記の二つ。

最後に買ったコミックは何だろう?ってくらい覚えてない。

長男もここ2年位コミックを買わなくなり、その代わりライトノベルなるジャンルを読んでいる。
ガンダム系の小説が部屋に大量に散乱しているのを発見した時漫画だと思って、「キモっ」と、
からかっていたら、「活字だから」と一蹴された事がある。
学校内でも先生に怒られずに読めるようで、中高生に人気があるとか。
内容は良くわからんが、ラノベなるものを良く読むようになってから長男の国語の成績は
上がったっぽい。
活字慣れするのは良い事だと思うので、好きなだけ買えと言ってある(なるべく中古を探せともw)。

上記のような読みたいけど買いたくない漫画もラノベだったら速攻ポチる気がするなー。
発売を期待したい。
[PR]
by stonekun | 2015-03-09 17:09 | 読書 | Comments(5)

ネタなし

e0036677_1944238.jpg


ネタがまるで無いので、今月読んだ本。

「さぶ」 山本周五郎
「赤ひげ診療譚」 山本周五郎
「鉄道員」 浅田次郎
「夕映え天使」 浅田次郎
「椿山課長の七日間」 浅田次郎
「天国までの百マイル) 浅田次郎
「夢をかなえるゾウ3」 水野敬也
「少しだけ、無理をして生きる」 城山三郎
他4冊。

他4冊は、主にビジネス書。
ここ10年位は、だいたい月に2~10冊は何かしら読んでます。
雑誌や漫画はほとんど買わないので、読書には入れてません。
雑誌見て読書って話も無いでしょうけど(^^;

読書が私のストレス発散方法の一つかなぁ。
[PR]
by stonekun | 2015-02-27 19:20 | 読書 | Comments(0)

さぶ等

e0036677_1916219.jpg


去年暮れ頃から、高倉健さん出演の映画やエッセイを多々見たり読んだりしてます。
録画で鉄道員(ぽっぽや)を観た日にゃ、オイオイ泣いている私がいました(笑)。
歳のせいでしょうか?涙もろくて仕方ありません。

で、原作を読んでみようかと思ったら、浅田次郎じゃないのさ。
なんか、メジャーなモノを拒むような天邪鬼感が昔からあるので、そこまで知りませんでした(^^;;;。
浅田次郎の作品には、何度も泣かされ笑わされたので、迷わず購入。

ちなみに、近年は本代もバカにならないのでブックオフなんかの中古や古本を買ってます。
文庫やハードカバーを大体20冊くらい買うと送料が無料になるので助かります。
アマゾンの中古だとハズレが多過ぎ&送料が本より高かったりするので、どーしても他で手に入らない本
以外は買うのをやめました。

そんな感じで、色々読んでいるんですが、鉄道員(ぽっぽや)は、映画を観ちゃったので
尚更面白かったです。
いや、原作よりも映画のほうがすげーって思えました。
降旗康男監督って「あなたへ」もそうだったけど、すげーなぁ。

そんで、山本周五郎のさぶ です。
なんだか高倉健さんは、山本周五郎の作品が好きだったようで、エッセイを3冊ほど読んだのですが、
度々出てくるんですよ。
中でもさぶつー作品が結構好きだったようで、何度も出てきます。
それじゃーつーんで、読んでみたらですね。
私の好きな感じの時代小説で、何度も泣かされてしまいました。
生きていく上で何を指針にしたら良いのだろうって漠然と考えたりしている時、
こういった小説に、「自分はまだまだぬるま湯に浸ってるなぁ」と、頭をひっぱたかれる感じがします。

そんな訳で、相変わらず枕の周りは積読状態。
あっちもこっちも手をつけてるので、何が何だかわかりません(^^;;;;;。
[PR]
by stonekun | 2015-02-13 19:38 | 読書 | Comments(0)

高倉健

e0036677_1752723.jpg


先月、俳優の高倉健さんが亡くなった報道がされ、その直ぐ後に各TV局で追悼番組や映画を放送。

正直、子供の頃TVで見た高倉健さんは、イマイチ好きになれず大して興味が湧かなかった。
が、亡くなってからTVで観た「あなたへ」でその思いは一変。
すげー俳優だなぁと思わず唸ってしまった。

で、TVで立て続けに放映される映画や番組をほぼ全部録画しては観ている。
おまけにyotubeまで観まくって11月は寝不足が続いた(笑)。

過去何度も放映された「幸福の黄色いハンカチ」なんざ、子供の頃から今の今まで見たことさえなかった。
だって、ロン毛の武田鉄也と黄色いハンカチだもんw。
でもね、観てみたら健さんがG1着てチノパン履いているし(私の冬のスタイル)、なんか良いw。
いや、武田鉄也も桃井かおりも良いじゃないか!

で、そんな映画を観つつ健さんが書いたエッセイを読んだら、「実直で素直な人」だと思った。
何となく極悪系や犯罪系の役が多いのは知っていただけに、純粋な子供の頃受けた影響からは
想像出来ないほどピュアでした。

そんなこんなで、亡くなってからで申し訳無いですが、凄い人だったんだなぁと
しみじみと思っている訳であります。。。
 
生き方や人生観てのは人それぞれなわけですが、私も死ぬその日まで後悔しないように
生きようと思ったのでした。

死生観ってのは大事です。

「あなたへ」、とても良い映画ですのでまだの方は是非。
[PR]
by stonekun | 2014-12-13 17:56 | 読書 | Comments(2)

水野敬也

e0036677_1636372.jpg


夏休みも近づいてきたので、子供達(中学生の)に読ませる本を物色。
水野敬也の「夢をかなえるゾウ」が楽しく読めたのでその他一気読み。

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ2
雨の日も晴れ男
四つ話のクローバー

自己啓発を促す本です。
中学生くらいから読んでも楽しいと思います。
1冊あたり読破するのに大人なら1日もかからないと思います。

久しぶりに優しい感じの本を読んでリラックスできました。
[PR]
by stonekun | 2014-07-09 16:36 | 読書 | Comments(6)

葉隠入門

e0036677_1985443.jpg


三島由紀夫 葉隠入門

佐賀鍋島藩の山本常朝の聞き語り「葉隠」を三島由紀夫が解説した本。
葉隠は、戦時中良く読まれていて危険な思想へと駆り立てたようだ。

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」は有名。
この文言の受け取り方次第で、大きく変化してしまう。

面白くて久しぶりに一気読みしてしまった。

最近は、無知ゆえビジネス書を好んで読む事が多くなってしまったが、
また何か読み終わったらネタにします。
[PR]
by stonekun | 2014-06-19 19:48 | 読書 | Comments(0)