<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

壊れてた

e0036677_1224179.jpg


昨日は天気が良かったので、日中天日干し。
トランクに放置してあるトノカバーも数年ぶりに付けてみた。

夕方、友人が経営する板金屋に遊びに行く。
フロントウインドーのプロテクター?が割れているを発見される。
「高いからそのままで良いじゃん」と、言う友人。
この年代の車って、ボロいと単なるポンコツにしか思われないのでw、速攻注文。
以前からゴムが浮き上がってきていたので、気になっていたので丁度良かった。
8000円もするけど。。。

んで、そのまま家路へ。
途中ガソリンスタンドに寄って給油。
給油が終わりフューエルリッドを閉めようとしたら、オープナーが引っかかって閉まらない。
混んでいたので、ちょっと強引にやったらオープナーのポッチが折れてしまった(涙)。

蓋が半開きになったまま帰宅。
ポンコツにしか見えない(笑)。

家に帰って速攻品番を調べて、前出の友人に注文。


折角昨日干したのに、今日は結構な雨量。。。
ハードトップも降ろしてしまったし、車体カバーもやってない。
雨漏りするんだよね、この車(涙)。
[PR]
by stonekun | 2010-09-30 12:39 | ロドスタ | Comments(8)

男のリズム

e0036677_12323485.jpg


池波正太郎「男のリズム」

エッセイです。
池波モノ全体の8割位は既に読んでいるので、エッセイでも読んでみようかと。
夜2時頃目が覚めたので、読み出した。

ら、、、朝方までに読破してしまった。
それだけ池波正太郎って人間に引き込まれた。

はっきり言って、私は池波信者(笑)。
次男の名前も正太と名付けたほど(ちなみに池波正太郎は親に正太と呼ばれていた)。
だからかもしれないが、読んでいて凄く近くに池波正太郎を感じる事が出来た。
そして、昭和50年代前半に、すでに日本の危機を察知していた事にも驚いた。

エッセイなんで、好き嫌いが分かれると思うが、池波モノが合うならお勧めです。

ちなみに、以前読んだエッセイは、「男の作法」
これを読んでから、私は刺身定食が食べられるようになりました(笑)。
[PR]
by stonekun | 2010-09-29 12:43 | 読書 | Comments(2)

秋の夜長

ここ数日、すっかり秋めいてきましたね。
で、本一気読み。

まずは、藤沢周平の「隠し剣秋風抄」
e0036677_14372631.jpg

前回に引き続き隠し剣シリーズ。
一話読みきりです。
最後は、映画化された「武士の一分」の原作。


以前買ったと思われる(本棚にあった)、司馬遼太郎の「軍師二人」
e0036677_14321878.jpg

こちらも一話読みきり。
題名の軍師二人は、後藤又兵衛と真田幸村の大坂夏の陣が舞台。
久しぶりに司馬モノを読んだが、スラスラと読めてなんか安心。


親不孝長屋-人情時代小説傑作選
e0036677_14283357.jpg

著名な作家の時代小説の短編集。
松本清張の時代物って読んだ事無かっただけに、新鮮で面白かった(鬼平犯科帳みたい)。
最後の宮部みゆき「神無月」は、まるで映画を見たあとのような余韻に浸れる。

[PR]
by stonekun | 2010-09-28 17:15 | 読書 | Comments(9)

焚き火テーブル

ここんとこずっと忙しい&ネタが無くてすっかり放置(^^;

以前から欲しかったユニフレームの焚き火テーブル買いました。
e0036677_17552897.jpg



こんなもんが5800円もするとは。。。

しかしまぁ、有名アウトドアブランドは、ショボイものでも良い値段しますなぁ。
スノピのワンアクションちゃぶ台なんて、あんなチャチなのに1.5マソ近くするのです。
でも、買う人が大勢いるのです。

ブランド力って凄いよねぇ。
ショボいとかけなしてますが、余裕があったらやっぱり買うだろうな(笑)。

現状、貧乏暇なしなんで、買えないし自作も出来ない(笑)。
[PR]
by stonekun | 2010-09-22 18:16 | 生活 | Comments(2)

夏も終わり

e0036677_19305351.jpg


夕方からBBQ。
今年の夏も終わった感あり。

最後は、線香花火で〆。

今夏に買ったキャプスタの炭焼き名人は、花火の蝋燭の風防にもってこい。
前回もそうだが、今回も蝋燭の炎が消えることは一度も無かった。
[PR]
by stonekun | 2010-09-11 19:35 | 生活 | Comments(6)

負圧計

e0036677_14203627.jpg


昔KP61に付けていた大森の負圧計。
ガラスが傷ついていたので、メーターリングをバラして、ガラスを取り出した。

大森φ52のガラスは、φ53の厚さ2mm。
ガラス屋さんでカットして貰ったら幾らだろう?
ネットで見積りしてみたら、送料込みで2000円ちょっと。
アクリル板を買ってきて、自分で切り抜けば数百円だろうなぁ。



今日は仕事だが、カミサンも仕事なので、子供3人まとめて仕事場に連れて来た。
結構大変(笑)。
夕方は、BBQでもやろうかと企んでいる。
[PR]
by stonekun | 2010-09-11 14:58 | Comments(2)

三脚

カメラ好きは、当然持っているであろう三脚。

D70を買ってからだから、5年以上悩んでいた三脚購入。
欲しいのが無かったってのが一番の理由。

ショボイのは持っていたんですけどね。
ほら、量販店でビデオカメラ買ったら付いてくる2000円位のヤツ。
それと、親父が25年以上前に買ったSLIKのアルミ三脚(カメラ用雲台とビデオ用雲台をそれぞれ)。
e0036677_9303997.jpg


もっとしっかりしたヤツが欲しいとずーっと思っていました。
ちなみに、ビデオ用雲台は、とっても使い易いので、カメラ用雲台はほぼ使わなかったなぁ。


で、今年の初夏にSLIKからNikonD300SやCanon7Dといった動画機能付きデジイチ向けに
PRO-500HDという三脚が発売。
この三脚の良い点は、カメラとビデオ兼用なので、サイドチルトがあって縦位置撮影が可能。
ビデオ用雲台だと、パンハンドルしかないので、縦位置は無理なのだ。
子供のサッカーを撮影するようになって、スポーツ撮影は、縦位置で撮ると更にカッコ良く撮れる事を
知ったので、縦位置でも使えるこの三脚(雲台)は、まさに欲しい装備がフル搭載されている感じがした。

私の使い方にほぼ合っている三脚が、500HDだと決断。

で、待ちに待ってた三脚の登場だったので、買おうと思いましたが、出たては高かったので、店頭で
触ってみたりしてしばらく様子見。
そして、やっと実売2マソを切ったので、購入(1.8マソ)。


んで、500HDにD300Sを付けてみて思ったんですが、この手のサイズの三脚ヤバイです(笑)。
私の身長でも、エレベーターをほぼ伸ばさなくても楽にファインダーが覗けます。
すげー楽。
それに、安定感が段違い。
カーボン製じゃないので、重さは結構なもんですが、この安定感は魅力。
そして、動きのフリクションをコントロール出来るので、自分の使いやすい固さに調整可能。
とってもしっくりきます。


大満足(^^)v
[PR]
by stonekun | 2010-09-10 12:38 | カメラ | Comments(2)

友人Mコース偵察

e0036677_12334269.jpg


2週間程前に、コースの手直しをしたらしいので、偵察。

草がすげー。

バンク?がデカくなってる。
小さいコブが増えてる。
テーブルの前と後ろに小さいコブが出来てる。

結構楽しそう。

で、その日、作業者全員が怪我したらしい。

友人M 試走でコケて右肩剥亜脱臼 全治2週間
友人E 前転して顔面から流血
手伝いにきた先輩 ダンプのアオリを足に落とし、足の親指粉砕骨折

その日、私は腰が痛くてコース作りの手伝い断念。

何かあったんだなぁ、その日は。

そんなこんなで、さめさんにメンテした頂いたYZ85に乗る機会無し。
明日のクサムさん走行会は、仕事が忙しいので断念です。。。

あぁ、いつになったら乗れるのだ?
[PR]
by stonekun | 2010-09-06 12:39 | 遊びコース作り | Comments(6)

タイミングベルト交換

ここんとこ忙しくて、今日も少し仕事。
火曜日のクサムさん走行会微妙・・・。

で、仕事を終えてから、ハイエースのタイベル交換。
だいたい年間2.5万キロ以上走ってるみたい。

友人Mに色々聞いたら、200系ハイエースは、ウォーターポンプの持ちも良いので、
10万キロでやらなくても大丈夫らしい。
20万キロで変えなさいとのお言葉。
他にもクーラントもロングライフなモノが入っているので、まだまだ先でもOK。
確かに18万キロOKみたいな事がエンジンルームに書いてあった(気がする)。

なので、結局タイベルとタイベルのオートテンショナーとファンベルトのみの交換。
e0036677_1815251.jpg


つーことで、小一時間で終了。
これ、ウォーターポンプまで変えるとなると、かなり大変だなぁ。。。
そうなったら、友人Mの会社に丸投げしちゃお(笑)。
[PR]
by stonekun | 2010-09-05 18:09 | 生活 | Comments(2)

隠し剣 孤影抄

e0036677_15463570.jpg


藤沢周平 「隠し剣孤影抄」  読了。
一話読みきりで、各主人公なりが必殺術の秘剣を持っているというもの。

例えば、必死剣鳥刺しとか。

淡々と進むきらいがあるが、それでもワクワクして面白い。

次に読むモノは、連作となっている「隠し剣秋風抄」。
[PR]
by stonekun | 2010-09-04 15:08 | 読書 | Comments(4)