<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

本気にするヤツ

この間、カミサンとビールを飲みながら話をしていた時のこと。


ボケーっと中古車情報サイトを見ていたら、


「家を建てないんだったらポルシェ買っても良いよ」と。


一瞬自分の耳を疑ったが、聞きなおすと同じ言葉を言ってくれる。
酔っ払っていたから、冗談で言っているのだとは分かっているが、
なぜかその言葉が気になって仕方が無い(笑)。


家なんて要らん。
ガレージは要るな(笑)。


先日、A様夫妻に家族でお世話になり、カミサンまで感化された模様(笑)。
ちなみにA様の奥様の愛車は、最新の997でした(これがまた上品な内装で素敵でした)。

近年、A様やY口さんにポルシェばっか見せられて、感覚が普通の車的なポジションになっている。
恐ろしい事である。

以前Y口さんには、「オレが動ける間はメンテするよ」と、言われたし(笑)。

徐々に包囲網が狭められているような気がする(笑)。


と、いうことで明日は久しぶりに謎ガレに遊びに行きまーす。
[PR]
by stonekun | 2011-04-30 13:00 | 生活 | Comments(6)

フィルム貼り

e0036677_1581783.jpg



震災前に、ハードトップ(DHT)を友人の板金屋に預けて塗装を依頼。
窓のモールが縮んで、元色が見えてしまっていたし、傷だらけだったので、
DHTだけ色塗りをお願いしていた。

で、ガラスを外したからと、先日持ってきてくれたので、もう一度フィルムを貼り直そうと決意。
ちなみに、本来は上の写真の向きでガラスを置いてはダメ。
ガラスのみを保管するとなると気を使う。

で、元々分割式で貼っていたのだけど、私のDHTは熱線無しタイプな為、継ぎ目が気になっていた。
つーか、自分で貼ったのでゴミとかも気になっていたのだが。

んで、再チャレンジは、一枚貼りで。
2枚分貼れる大きめのフィルムを買ったのだけど、2度失敗(笑)。
一枚貼りは、やっぱり難しい。
一応温めたりしたんだけどなぁ。

ってんで、どーにもこーにもならないので、結局フィルム業者に依頼する事に(笑)。
仕事が終わったら、持って行くことにしました。
[PR]
by stonekun | 2011-04-29 15:19 | ロドスタ | Comments(2)

アートピースコレクション

e0036677_12563873.jpg



ちなみに、私が行った際は売り切れで手に入りませんでしたが、
ちょっと前に、アマゾンで売ってたので、コンプリートしております(笑)。

玩具といえど、チョロQの倍近い大きさがあるので、存在感もあります。

4/27日から、会場で再販みたいですが、一日限定3000個らしいです。
手っ取り早く手に入れて、コンプリートするにはオクでしょう。
ガチャガチャで、全8種揃えるのは、至難の事だと思われます。
[PR]
by stonekun | 2011-04-25 13:01 | 生活 | Comments(4)

芸術は爆発だ

久しぶりに都内へ。

e0036677_9134462.jpg


場所は、国立近代美術館。
岡本太郎展を観る為に。

美術展とかには、今まで興味が無かった訳ではなく、なかなか見に行く機会が無いだけで
昔から興味だけはあった。

高校生の頃夏休みに、箱根や熱海方面へ2泊でツーリングに行った時、箱根彫刻の森美術館に行った。
そこでみた、ピカソのゲルニカ(本物かどうか昔なので不明)にショックを受けた。
ピカソなんて、子供みたいな絵だし、芸術家なんてどうせ世間の人を騙しているだけなんだろうと本気で
その時までは思っていた。
しかし、実際に観た有名なゲルニカは、本で見るよりもかなり大きくて、その迫力に圧倒。
他に展示されているピカソの若かりし頃の絵は、どれも忠実に人物や風景が細かく描かれており、
「なんだ、本当の絵は激ウマなんじゃないか!」と、マジメに驚いた(笑)。
それから、こういった芸術家には、軽い気持ちながらも尊敬するようになった。


で、岡本太郎。
私らの年代では、芸術家というよりもTVタレントのように思っていたはず。
子供の頃は、私もその一人だった。
しかし、大人になって、偶然?神奈川の相模原に住む事があって、ある商店街に岡本太郎の作品があり、
それを見てから、岡本太郎は凄い人だったんじゃないか?と、思ったものだ。

しかし、それ以降はそんなに気になる存在だったわけでは無い。
そして、約10年前、W650仲間と四国に讃岐うどんを食べに行った時、大阪の高速をハイエースで
走っていた時観てしまったのだ。
デカくそびえ立つ「太陽の塔」を。

ショックだった。
TVや雑誌で見るよりもデカくて、存在感というか圧倒された。
それから、岡本太郎って芸術家が好きになってしまったのだった。

その後、また忘れる(笑)。

そして、20世紀少年である(笑)。

で、去年念願叶って、大阪の万博公園へ太陽の塔を見に行った。
もう感動もんだったね。
18mmの広角レンズで、寝転がっても下からは全部取れなかった大きさ(その後11mmレンズを買うw)。
技術も然りだが、頭のネジがぶっとんでいなければ、絶対あんなモノを作ろうと思わないよなぁって。
本当に私は感動してしまったのだ。


そして、今年は岡本太郎生誕100周年の年である。
展覧会があるのを知って胸が躍った。
これは、当然見に行かなければなるまい と思ったが、なかなか暇が無かったのだった。

やっと昨日なんとか仕事がやりくりできたので、行って来た。
ついでに納品にも(笑)。


岡本太郎展では、有名な造形物や絵画がところ狭しと展示されていた。
最初のブースは、そのまま観ていたのだけど、途中でこれじゃダメだと思い、ヘッドホンの音声解説機を
別料金(500円)で借りた。
これは、絶対に借りたほうが良い。

で、子供とカミサンをほっといて、ほぼ一人で見ていたのだけど、全てに感動してしまったのだった。
本当に感動してしまったのだ。
そして、岡本太郎の新しい発見もしてしまったのだった。
それは、写真である。
岡本太郎が撮影した写真が数枚展示されており(土偶や土器)、これにも感動してしまった。
他には、映像ではあるが、岡本太郎が撮影した写真たちに。

この展覧会に、行って良かったなぁと、つくづく思った。

あとで、カミサンに聞いた話だと、「座ることを拒否する椅子」に、次男が座り、見事拒否されて、滑り落ち
大きな声でえ~んえ~んと大泣きしたようである(笑)。
学芸員に「大丈夫ですか?」と、声をかけられ、「拒否されました」と、言い、周りの人の笑いを誘ったそうだ。

その後、太陽の塔のフィギアやグッズを買い、近くの科学技術館へ。
本来、有料なのだが、無料開館日でロハだった(ラッキー)。

e0036677_9572850.jpg


ここは、面白い!
ある意味子供向けではあるが、私みたいな大人なら十分以上に楽しめる。
じっくり観ようと思ったら、半日以上は必要だ。
私は、時間が無く3時間程度しかいれなかったので、見学しなかったフロアも。
ちょっと残念。
また行きたくなる場所だった。


その後、納品してから、浅草方面へ。
e0036677_9583389.jpg


で、橋場の山海で、さっぱりとしたうなぎや魚料理を堪能して帰宅。
ここ浅草方面に行ったら、必ず寄りたい店になりました。
自家製さつま揚げや白えびのから揚げは絶品。
カミサンはビールを飲んだのだが、凄く羨ましかった(笑)。


と、いうことで、久しぶりの東京遊びを満喫したのでした。
[PR]
by stonekun | 2011-04-24 10:13 | 生活 | Comments(6)

356B

e0036677_1742117.jpg



e0036677_1743926.jpg



e0036677_17201494.jpg


ポルシェ356カレラ2である。
A様が乗ってきてくれた。
水平対向なツインカム4気筒・・・ポルシェ904と同型のエンジン。

もう感激しまくってしまったのである。

嬉しくて涙が出そうになったのは内緒だ(笑)。

そして、私は思った。
「オレ、ポルシェが好きだ」と(笑)。

いつか自分のモノにしたいよーな、したくないよーな。
恋愛感情というより憧れなんだろうなぁ。

下は、小学1年生の頃買ってもらったポルシェ956の線引き。
カウンタックじゃなくて、私はポルシェだったなぁ。
e0036677_17435271.jpg

思えば、筆箱も下敷きもポルシェだったなぁ。
筆箱は、隣の兄ちゃんに「お前生意気だ」とか言われてケンカになって、踏み潰されて壊された。
なんか当時の事が鮮明に蘇ってきたぞ。
下敷きは実家のどっかにあったな、探してみよう。
[PR]
by stonekun | 2011-04-20 17:52 | 仕事 | Comments(3)

カッティングプロッタ

かれこれ20年近く前から欲しい道具です。
昔、印刷屋にいた友人がカットしたステッカー類を見て、「良い仕事場だなぁ」と、思いました(笑)。

昔は、高価で全く手が出ませんでしたが、最近は安くなりましたね(といっても高いけど)。

で、欲しいけど買わない理由に、「そんなに使わない」ってのがあります。
ちょっとしたカッティングなら、デザインカッターで何とかなりますし。
昔は、バイクのカウルに貼るステッカー類は、ほぼ自作したものです。


んで、先日、長男サッカーに付き合って、ある方に「プロッターで切り抜いたシートをアイロンで
貼り付けた自作スポーツシャツ」ってのを見せて貰いました。

これがまた、カッコ良い!

ノーブランドのサッカー系レプリカシャツに、自作のナ〇キロゴやらアディ〇スロゴ。
どこからどー見ても、高そうに見えます(笑)。

で、その方。
つい口を滑らしてしまったようで、今季のチームユニフォーム60着相当をアイロンプリントで作る事に
なってしまったようです(笑)。
頼む方も頼む方ですが(^^;;;
「アイロンがけは、お母さん達にやってもらえば良いじゃないですか?」と、言えば
これまた几帳面な方なので、「仕上がりが心配」らしいです。

まぁ、そんな話はおいといて、これ日用品やらMXジャージ、衣類に色々活躍できますね。
と、いうことで、久々にカッティングプロッタが欲しくなってしまった話でした。

stikaかcraft robo と有名どころが二つあるのですが、何年も決めかねてます。
結局、また買わないんだろうな。

一回使ったら満足してしまう自分が見える(笑)。
[PR]
by stonekun | 2011-04-19 13:07 | 生活 | Comments(4)

天きり松 闇がたりシリーズ

浅田次郎 天きり松闇がたり(全4巻)

怪盗天きり松が、体験した話を罪人や警察の人間へ、伝え話す物語。
明治から昭和にかけての、東京の義侠スリ集団の内容なのだが、面白すぎ。

これが気に入ったので、次は浅田次郎のプリズンホテル(全4巻)を読む事に。
今読んでいる最中だが、これもヤバい(笑)。
[PR]
by stonekun | 2011-04-18 12:59 | 読書 | Comments(0)

覚悟

今日は、体調が悪くて1時間程度普段より遅く家を出た。

で、利根川を渡る橋での渋滞の中で、地震が。
歩道脇の街灯が左右に大きく揺れ、私のハイエースも激しく揺さぶられた。

「あぁ、この揺れが続くようだったら、橋が壊れて、オレ死ぬな」って、思った。

怖いというより、まるで夢を見ているようだった。

余震?はまだまだ続く。
橋上で渋滞にはまるような時間帯に家を出てはならない。

明日からは、苦しくてもちゃんと起きよう(笑)。
[PR]
by stonekun | 2011-04-12 18:13 | 生活 | Comments(11)

炎たこ

e0036677_10321368.gif



イワタニの炎たこ

以前からたまに家でたこ焼きを作るのですが、今まではホットプレートなヤツで作ってました。
結婚式の引き出物カタログで貰ったヤツとか。
それが去年壊れてしまいました。

その話を、友人に話したら、このイワタニの炎たこを薦められました。
何でも、「その辺の屋台や銀たこよりも美味いたこ焼きが作れる」と、絶賛することしきり。

その後、ホームセンタで、見かけるも、4000円位するので躊躇(ホットプレートは2000円以下)。

しかし、たこ焼きを家で作りたいので、去年思い切って買ってみました。

これがねぇ。
半年位使ってるんですが、失敗がほぼ無い(子供らでも上手に作れる)。
出来上がりは、外はカリっとして中はとろーってな具合でとても美味い。
レシピは、至って普通だし、火力調整も当たり前にやるだけ。
あまりに簡単に上手に作れるもんだから、私の妹らに貸したりしてます。
やっぱり、重要なのは火力っすね。
たこ焼き好きな人にはお勧めのマシンです。

と、いうことで、お気に入りのたこ焼き機の話でした。
[PR]
by stonekun | 2011-04-09 10:47 | 生活 | Comments(6)

サッカーボールのパンク

e0036677_14535566.jpg



震災後、長男が瓦礫の残った広場で蹴っていてパンクさせたらしい。
このボールは、誕生日にプレゼントしたヤツで、「どーしても欲しい」というので、
プレゼントした。
W杯レプリカのジャブラニ、手縫いモデル。
ちゃんとした練習時やフットサルの時は、これを使っていた。
ちなみに、普段遊びで使っているのは、ボロボロのヤツ。

で、こともあろうに、空気穴よりもデカイ穴をあけやがった。
「普段使うなよ」って、言ってあったのに(手縫いだし)。
何か針金のようなモノにでも刺さったのだろう。

一度、スポーツ用品店に持っていって、「修理可能か?」と、聞いたら「これだけ大きいと無理だろう」と。
「メーカーに送っても、買った方が安いかもしれない」との返事。
その時は、完全に諦めた。

そして、また新しいボールを買い与えたのが先日の事。

で、毎日玄関で、この凹んだボールを見てるとなんだか可哀想になってきた。
会社に持ってきて、ダメ元でコニシのG17を塗りこんで3H程放置。

すると、空気を入れてもそこから抜けてない!
「やったー復活したぜー」と、思いまたそのまま数十分放置。

すると、抜けていた。。。

バケツに水を汲んで、エア漏れを探したら、大穴の箇所は問題なし。
漏れ出したのは、いろんなトコの縫い目だった。。。というオチ。
なんだよ、これ(笑)。
昔は、手縫いボールを使うのがステータスだった。
私はヤスダを好んで使っていたなぁ。
ちなみにこのジャブラニ、中国製の手縫い、新しく買ったヤツパキスタン製の手縫い。

とりあえず、ちょっとした穴なら、ボンドでいけると思う。
ポイントは、萎んだ状態で入れる事。
ボンドの量は、気持ち入りすぎかな?程度が良いみたい。

ということで、サッカーボールがパンクしたら、とりあえずボンドで何とかなるっぽいという話。
縫い目からのエア漏れは、パンク修理材で多分止まると思うが、コストを考えると、
新しいボールを買った方が安心して使えると思う。
[PR]
by stonekun | 2011-04-07 12:29 | 長男サッカー | Comments(2)