<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

酔って候

e0036677_1227274.jpg


司馬遼太郎 「酔って候」

幕末の土佐藩主山内容堂や薩摩藩主島津斉彬や久光等を描いた短編時代小説。

私は、昔から山内容堂があまり好きではない。
というのも、幼少時の名前が私の親父の名前と同じだからという理由。
祖母に、名前の由来を聞きたいと、ずーーーっと思っているがいつも忘れる(笑)。
もういい年だから、今年中に聞いておかないとダメかなぁ。。。
おまけに、おーい竜馬という漫画で、酷い悪役という印象を持ってしまったっていうのもある。
ただし、フォントの鯨海酔候というのは、結構好きなので何かにつけて使ってしまう。

で、内容なのだが山内容堂のモノはあまり面白くない。
坂本龍馬モノを読むと度々登場するので、自分の中に新しさが無いというか。

しかし、宇和島藩の町人の物語「伊達の黒船」は、大層面白かったし、肥前藩の殿様(鍋島閑叟)の話も面白かった。

4話読みきりなので読んでて重くはありません。
幕末の薩(薩摩)宇(宇和島)土(土佐)肥(肥前)に興味があれば、面白いと思います。
[PR]
by stonekun | 2012-06-26 12:48 | 読書 | Comments(0)

丸い手



ドラえもんの手が現実に。
当然技術も凄いが、丸い手を想像した藤子不二雄の先見の明に驚くばかり。

子供の頃、ドラえもんの手、みんな馬鹿にしたでしょ?(笑)。
[PR]
by stonekun | 2012-06-20 18:56 | 生活 | Comments(8)

Michael Levinの”気”動画などなど

マイケルレビンの動画は↓(ココだとこの動画埋め込み出来ないみたい)
気になった方は見てください。
KI: Michael Levin



で、昨日、お借りしているライカM3に手持ちの有効期限切れのフィルムを入れて
家の周りをっちょっと散歩。
10枚程度撮って見たが、やっぱりコレやばい程素敵(笑)。

しばらくカメラを構えてファインダーを覗いているにも関わらず、「あっコレやっぱダメだわ」って具合になる。
多分、ニコンD70を買ってから、フィルムカメラで一切撮ってなかったので、凄い緊迫した感じに思える。
デジカメを初めて買ってから十数年、下手な鉄砲数打ちゃ当たるってな具合で撮ってきたので、自分の
ダメさ加減が現像前でも悲しいほど良くわかる(笑)。

で、撮りながら思ったのだが、有効期限切れのフィルムなんか使ってどーなるのだ?って事。
カラーなら、色あせ等があるそうだが、今使ってるのは白黒なので、この辺も良くわからない。
折角撮ったのに、写ってなかったら悲しい。

ってんで、夕方、買い物に行くついでにカメラ屋に寄って、フィルムを購入。
有効期限が来月ということで、36枚撮3本が半値で売っていたので飛びついた(^^;。

とりあえず、A様には1ヶ月でも2ヶ月でも使っても良いよと、了承を得たので、自分なりに撮ってみようと
思ってます。

しかし、本当にヤバイのは、もう既に欲しくなっているという事(笑)。
金曜に借りてから、土日の夜は、なぜか興奮して中々寝れませんでした。
いや、本当に。
土曜の夜なんて、明け方まで触ったり調べたりしてました。
そしてライカの歴史本も注文(笑)。


コレがライカなのでしょうね。
私は、ライカって雲の上の存在ってのもあるのですが、一度も欲しいと思った事が無かったんです。
だって、コレクターズアイテムだと本気で今まで思ってたんですから。

しかし、本物を手にして、実際に使ってみると、涙が出そうになる位感動するのです。
それは現代の製品では、絶対に味わえない感動かもしれません。

とりあえずカミサンには、「いつか必ず買う」と、早々に宣言しておきました(笑)。



e0036677_12441812.jpg

M3に付いてるストラップ。
A様のお気に入りらしいのですが、使ってみて初めてわかる使い易さ。
そして、なんであそこで結んであるのか?も理解できました。
流石としか言いようが無いです。
[PR]
by stonekun | 2012-06-18 13:01 | カメラ | Comments(13)

カメラネタが続きます

昼、カメラ馬鹿な友人参上。

アルカスイスのクイックシューの加工を頼まれたので、やってあげた。
雨降りで事務所暗くて写真ブレまくり(^^;
e0036677_16533887.jpg

何をしたかというと、大型レンズを装着した際、クイックシューの固定ネジが1つだと怖い との事で、
写真手前にネジを追加&SUSでカラー製作。
拘りのある友人なので、相応に作ってあげました。
要らんと言ったのに小遣いくれた、ラッキー(笑)。



で、早速事務所の外(屋根あり)に移動し、鍵付ジュラルミンケースから取り出だしたるサンニッパ!
とうとうサンニッパを手にしやがった友人!
クイックシューも「最高だよ」と、とっても喜んでました(^^)v。
e0036677_16582061.jpg


で、サンニッパ。
USMの最近のヤツじゃないけど、AFかなり速いね。
使ってるボディが5Dだし、組み合わせがやや古いので、もっと遅いもんだと思ってたが、相当速い。
何を撮るのか知らんが、すでに相当な変態になってしまった友人(笑)。
で、試写したら恐ろしい程のボケ具合。
じっくり触らせてもらったのだが、私の使い方ならサンヨンでも良いなと思った。
って買えませんが(^^;。

で、A様のライカを見せたのだが、まったく感動してくれなかった。。。
「あっ、オレ、この手のカメラ無理。だって露出いじれないもん」って。
そういうところが、この友人の惜しいところ。
SSと絞りの関係が分かるともっと写真は楽しいのにのに。
って何度も説明してるんだけど、芸術肌の友人は、耳から耳へスルーなのだ(笑)。

で、最近は風景撮影に凝っているそうなので、写真家マイケルレビンの写真集を今度貸してあげる事にした。
私のお気に入りの写真集「zebrato」。
動画を見せたらエラく感動して、写真観が変わったと言っていた。
次回会う時は、また写真をみせてくれると思うので、楽しみです。

Michel Levinが気になった方は、”Michael Levin 写真家” で動画検索すると感動的な動画が
見つかると思います。
[PR]
by stonekun | 2012-06-16 18:11 | カメラ | Comments(4)

M3

e0036677_1711275.jpg


恐ろしい事に、A様このブログ見てます(笑)。

当たり障りの無い事ばかり書いてるつもりですが、A様をネタにした事数知れず(^^;;;。
申し訳ありませんm(_ _)m
でも寛大な方なので大丈夫でしょう。
もう開き直り(^^;;;;;

そんなA様がパナメーラSで来社。
工場の一番奥にいても、A様到着がわかりました(笑)。
いやぁ、何度見てもデカイ(笑)。

んで、A様がおもむろに私に差し出した箱。
なんだろ?と受け取ると、中身は、ライカM3でした。。。
あと何故かタコ焼き器(笑)。

ライカを知らない私でもM3はちょっとは知っています。
名機と謳われ、今も尚絶大なる人気がありますよね。
そして、これはダブルストロークという代物。
装着されているレンズは、ズミルックスの50mm F1.4という明るいレンズ。

持った瞬間、存在感のある重さ。
昨日紹介したM6とは全くの別物だと思います。
M6を買ったら、M3にすれば良かったと絶対に後悔するに違いありません。

で、M3を触りながらA様のカメラ講義に耳を傾けます(笑)。
時代背景やらカメラ構造等。
A様の深い講義を聞くと1眼レフが正直安物に思えてきてしまいます。

1眼レフはご存知のようにミラーの作動音やショックがあります。
コレを私は、機械感として好んでました。
しかし、A様の話を聞けば、ミラーショックは手元を狂わせ(ブレの原因になるのでミラー付を嫌う人もいますね)、
大袈裟なシャッター音は、モデルを意識させてしまう。
何のためのカメラか?
構造やその操作感で、「すげー、カッコ良いー」と、喜んでいましたが、本質を知るとまた違った方向からの
アプローチ、そして楽しみ方が見えてくるように思います。

「ライカなんて要らん」なんて、つい昨日まで思ってましたが、やばいですね、コレ(笑)。
オークション見ちゃってる自分がいます(笑)。
丁度今日は給料日。。。ってオイっ(^^;

とりあえず、「遊んでみな」との事なので、手持ちのフィルムをセットして、休日撮ろうと思います。

A様が来社して、徹夜明けの眠気もぶっ飛び元気になりました。
そして、M3を家に持って帰る緊張感で、安全に帰れそうです(笑)。
防湿庫片付けないと。。。
[PR]
by stonekun | 2012-06-15 18:16 | カメラ | Comments(3)

ラ○カ

e0036677_1243571.jpg


ラ○カM6

ライ○がらみの仕事。
レンジファインダーって初なので興味津々。
しかしレンズが無く、ボディだけ弄って遊んでいたという(笑)。
ちなみに、A様のでは無いです(笑)。

で、先日サンプルとしてレンズも借りたので、ちょっと触ってみた。

丁度、昔買った白黒のフィルムがあったので(有効期限1997w)試しに撮ってみようと思っていたのだが、
なかなか使ってみる暇もなく、現像出すのも面倒だしなぁ。。。と思ってたら親父に返却されていた。
残念。
また借りれる機会もあるでしょう。


と、いうことで、違う仕事で今日はこれから徹夜行き。
別に断っても良かったのだが、お互い様ということで。

相変わらずの貧乏暇無し。
[PR]
by stonekun | 2012-06-14 18:51 | カメラ | Comments(2)

続き

で、続き。

先週、A様に上野に遊びに行くと伝えたら、夜ご飯を一緒に食べようって事になり、
わざわざお店を予約してくださった。
これが衝撃的で夢のようなステーキハウス。
目の前でシェフが料理してくれる。(これは以前からの私ら夫婦の夢w)
そのシェフもA様ご指名の凄腕(料理している姿や技術に見とれた、話術も老練)。

そして料理の素材がハンパじゃない。
活車えび、ほたて、カニ、舌平目、そしてメインはA5ランク以上というシャトーブリアン。
TVで見たことしかありません(笑)。
その他、スープ、ガーリックライス、サラダ、デザート等など。

正直、私もカミサンもこんな高級な料理を口にした事が無い(笑)。
私ら夫婦は、ただただ恐縮しまくりなのである。
しかし、4歳の次男は、生意気にも「コレかたい、コレ柔らか過ぎる」と、自由奔放に騒いでいた(^^;。
シェフに「歯がまだ生えてないんじゃないの?」とからかわれる始末(笑)。

カミサンが、次男をトイレに連れて行った時、「おまえ、もうしゃべるな」と、言ったそうだ(笑)。
しまいには食事中、眠くなってお店の人にイスを並べて貰って寝やがった(^^;
幼少時は、みんな器が大きいのかもしれない(笑)。
A様と奥様は、寛大な方なので、笑ってくれていた(^^;。
#翌朝、目覚めた次男は「昨日のご飯美味しかったねー」なんて上機嫌。
 「なんであんな事を言ったのか?」というと、「だってさー眠かったんだもん、機嫌悪くなったんだよねー」と。
 こいつなめてやがる(^^;。 



なんだかんだ、A様には毎回ご馳走になってしまっている。
その都度物凄いお店なので、恐縮しまくりなのである。
今回も、とんでもない額の食事代だと思う(笑)。
帰り際に、コース料理の値段をチラッと目にしてしまったのだが、恐ろしい金額。
しかもそのコースには、上記のような肉や魚介を取り混ぜたのが無かったという。。。
それも私の家族4人分。。。。

A様ご家族との食事で、博物館で見た曽我蕭白の雲竜図もぶっとんでしまいました。
小市民な私は、悲しいかな花より団子なようで(^^;

それにしても刺激の多かった一日。
免疫力が全く無いカミサンは、かなりやられてました(笑)。
A様宅の風呂やトイレ、更には奥様のフロア(部屋じゃないつーのが凄いw)まで見せて頂いてたし(^^;。
A様の奥様ってのが、また良い人で明るい楽しい人なのだ。
カミサンは、奥様のフロアで笑いまくっていたそうだ(笑)。


知らない世界を毎回みせてくれるA様には、ほんと感謝しかありません。

ここ数年、私の考え方が変わったのは、間違いなくA様の影響。
iPadもMacもA様が貸してくれたり使ってたからなんです(笑)。

真似してたらポルシェも買えるようになったりしてね(笑)。

結局、全ては自分次第なんだけど、影響力のある人が近くにいるってのは、かなり大きい。
生き甲斐や遣り甲斐が自然と見えるようになってくるように思う。

だから私はA様に誘われたら申し訳ないと思いつつも断らない(笑)。
こんなにクリエイティブな人、私A様以外知らないもん。
[PR]
by stonekun | 2012-06-13 13:12 | 生活 | Comments(3)

刺激

日曜、都内で遊ぶ。

長男、中学の部活の為同行できず。
中学に行ったら一緒に行動する事が極端に減った。
親としては悲しい限りだが仕方が無い。

で、朝から出発。
高速を走っていると、子供達が「スカイツリーが見たい」と言うので、錦糸町で降りて近くを走る。
スカイツリー見ると、ねこ仙人の住むかりん塔を毎回思い出してしまう私。
e0036677_12241558.jpg




そして、上野駅近くのパーキングへ。
目的は、以前紹介したトーハクで行われているボストン展を見るため。
見たいみたいと思いつつ、結局忙しかったりで最終日にやっと都合がついた。
予想はしていたが、大混雑。。。
当然入場規制がかかって待ち時間30分ちょっと。
しかし、日傘をトーハク側で用意してくれていたので、厳しい日差しを避ける事が出来た。
e0036677_12255392.jpg



展示物は、凄まじいの一言。
この混雑じゃなかったら、何時間でもいられるような内容。
また見たいと思えたが今回が最終日、残念。

やはりインパクトがあったのは、曽我蕭白の数々の作品。
強烈極まりない。

それと狩野雅楽助の松に麝香猫図屏風。
猫の毛並みが繊細かつ強烈。

伊藤若冲のオウムの羽も強烈。

尾形光琳の松島図屏風も強烈。

国宝級がずらりと並んでいるので、全く飽きない。
ボストン美術館すげー。
ある意味、日本人ではコレらのコレクションの維持は無理だと思えた。
ボストン美術館だから出来る偉業なんだと思う。
とはいえ、当時の政府や日本人も大いに関わって収集したとあるが。

この素晴らしい展覧会は、名古屋ボストン美術館で近日公開
名古屋に行ってまた見たいぞ!。



その後、家族サービスの為に、上野動物園へ。
小学校の中学年頃の遠足で来た以来だから、かれこれ約30年ぶり。
子供の入園料が無料だとは知らなかった。
私の子供の頃の遠足、結構ケチってたんだな(笑)。

ってんで、有名なパンダや他の動物みながら、園内をプラプラ。
最近まともな運動してないので、4時間程度でヘロヘロ。。。
動物園がこんなに疲れるところだとは思いませんでした。
それに動物園って臭いがキツイなぁ。

しばらくは、動物園は行かなくて良いかな(笑)。


その後、某所でポルシェなA様ご家族と食事。
あまりに凄すぎて、この続きはまた今度(笑)。
[PR]
by stonekun | 2012-06-11 19:40 | 生活 | Comments(4)

2012年6月のポルシェカレンダー

e0036677_12325999.jpg


2012年6月は、918 RSR
あの918スパイダー(つい最近プロトタイプが完成したらしい)のモータースポーツヴァージョン。
918スパイダーといえば、物凄い(らしい)ハイブリッドマシン。
そのRSRっていうんだから、全てがハンパ無いのだろう(笑)。


さて、6月。
5月は、長かったような気がしないでもないが、やっぱりあっという間に過ぎていった。
公私共に充実。
この調子で6月もガツンといってもらいたい。
[PR]
by stonekun | 2012-06-01 12:52 | 生活 | Comments(0)