<   2015年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

キャブ固着

e0036677_1334885.jpg


甥っ子からXL230のアクセルが動かなくなったと連絡があった。
ワイヤに注油してみて と、伝え実行したがアクセルが動かないという。

とりあえず引き取りに行って状態を確認するとバキュームピストンが固着してる。
ラスペネやキャブクリーナーを上から吹きつけて1日放置するも固着とれず。
ってんで、会社に持ってきてバラす。

Oリングやゴム系の部品は出来るだけはずし、お湯に部品洗浄液を入れて浸す。
e0036677_1341935.jpg


すると直ぐに固着が取れた。
ピストンとキャブの内面の固着していた箇所をペーパーで磨きコンパウンドで仕上げて組みなおし。
バッテリーも上がっていたので充電。
エンジンは無事にかかったので引き渡し。
[PR]
by stonekun | 2015-11-30 13:03 | w650 | Comments(0)

通勤

e0036677_19105352.jpg


今月はあまりSCに乗れず。
久しぶりの高速通勤。
[PR]
by stonekun | 2015-11-28 19:15 | 911 | Comments(0)

純正前掛け

e0036677_1854339.jpg


上野さんからの情報で、勢いでポチってしまったカワサキ純正前掛け。
純正ってのが良い。

って。。。未だかつてこんな酒屋さんのような前掛けをした事が無い。
汚れそうな時はデニムのエプロン。
腰下が汚れるよりも胸から下がいつも汚れるから。

さて、どう使おうか考えてみるも、やっぱエプロンのが性に合う。
あぁ、また無駄遣い(笑)。
[PR]
by stonekun | 2015-11-27 18:12 | w650 | Comments(0)

浅い溝

e0036677_1883526.jpg


私のショベルヘッドに限ってかもしれませんが、オイルポンプのリリーフバルブが入っている
蓋のマイナス溝が異様に浅いのです。
この浅い溝を使って外そうとすると、どんな工具を使っても回す事が出来ません。
一度トライして回せないと悟ったのでもう回してませんが、先日先輩がコレを外そうとして
工具を壊してしまいました。
あぁ、ごめんなさい。

申し訳ないので、この溝を深くします。
とりあえずバイスプライヤで挟んで回すと外れました。
色んな削り方がありますが、今回は横フライスという機械で加工です。
他にもマイナス頭がグズグズになっている蓋がもう一つあったのでコレも溝切り。

ずっと気にはなっていたんですが、リリーフバルブを取る訳でも無いので放置してたのが
いけませんでした。
気になったら直さなきゃいけませんねぇ。。。
[PR]
by stonekun | 2015-11-24 18:38 | FLH | Comments(2)

ばらす

e0036677_12325586.jpg


ショベルヘッドをばらしにかかりました。
とはいえ、先輩がほとんどやったので超早い(笑)。
さすがプロ(車の)。


e0036677_123401.jpg


さて、バラしてみると、
リアシリンダーに虫食い。
ロッカーアームのスリッパ部に4個中3個に虫食い。
ヘッドのバルブガイド、バルブ、シートリング怪しい。

大まかに書くとこんな感じが気になりました。

バラす前に気になったのは、
ロッカーカバーからのやや激しいオイル漏れ(購入時はそんなに酷くなかった)。
軽い白煙(そんなに気にならない程度)。

ある意味凄く不調って感じは無かったので、酷くなる前に手を打つ事が出来たのかも。
虫食いに関しては、米国時代に長期放置されてた事があったんじゃないかな?

とりあえず、ヘッド側ステムシール対応バルブガイドに交換調整、もしかするとバルブ交換、
シートリング交換調整かシートカット(済めば)、
オーバーサイズピストン(メーカーまだ決まらず)でボーリング。
ロッカーアーム交換(社外)。

こんな感じで内燃機屋さんへ加工に出しつつ部品を購入していこうと思います。

年内完成は無理っぽいです(^^;;;。
[PR]
by stonekun | 2015-11-23 14:25 | FLH | Comments(2)

木造案

e0036677_9513420.jpg


知り合いの建築士さんが作ってくれた木造案です。
幅約7300mm 奥行約6400mm。
木造だと材木の規格があるので土地幅を考えるとこれくらいが妥当との事。
最初は良いかなぁと思いましたが、間柱が邪魔です。
図面の車の配置は適当な加減で収まっているように思えますが、車が小さい?
左バイクスペースは、階段避けてのバイクの出し入れがストレスかと思います。
中二階は、9畳程あり適度に広くてとても良いです。

問題は、間柱です。
強度確保の為、この間柱を支えにして左右に軽量鉄骨が通るそうです。
折角の広い吹き抜けに違和感を覚えそう。

でも、木造は雰囲気が嫌いじゃないです。
むしろ暖かみのある”数寄者”的なガレージっぽくて好きです。

と、木造も良いとは思いますが、この案では私の理想とやや離れている気がするので
修正案を出して頂こうと思ってます。
が、構造的自由度を考えると重量鉄骨に勝るもの無しな気がします。

一応、鉄骨案を見せて「木造じゃ適えられない」となれば鉄骨です。
[PR]
by stonekun | 2015-11-21 10:56 | ガレージ | Comments(0)

鉄骨案2

e0036677_18472563.jpg


鉄骨屋さんに車を入れた図をFAXしたら、その晩にすぐに連絡があった。

シャッターは5100mmから5400mmにする(値段そのまま)。
ガレージ幅を8000mmから8100mmにする(値段そのまま)。
バイク側に手動シャッターを1枚つける(6万~)。
階段の位置変更。

300mmロングのシャッター幅はかなり効いてくるだろう。
[PR]
by stonekun | 2015-11-18 18:59 | ガレージ | Comments(6)

鉄骨

e0036677_1864311.jpg


鉄骨ガレージの第一案が上がってきました。
木造よりもやや大きく、屋根は片流れ。
間柱がないのでやっぱり良いです。
シャッターは5100mm幅の電動。

鉄骨屋さんは、CADは使わない人なので、漫画でとりあえず書いてくれました。
漫画は形やサイズは分るものの、実際の大きさとの尺度は適当なので、このサイズだと
どんな車を入れるとどんな感じになるのか、詳細なシュミレーションは出来ません。

なので、CADでちょっと書いて、大型ワゴン(エルグランド)とバイク2台のCADデータを
落として組み入れてみました。
e0036677_18115339.jpg


シャッター幅5100mmだとそこそこ寄せてガレージ内に入れる事になります。
シャッター部に車2台置くと、バイクの出入りが不自由です。
手動のシャッターを1枚追加でも良いかもしれない。或いはサッシ。

ガレージの幅は8mだがH鋼が左右それぞれ250mmなので、実質7m程度の幅。
やっぱり車弄りとなると2台入れは厳しいな。

ちなみに、ガレージ前にカーポートや長めの下屋を出すのは、鉄骨屋さんと私の経験から
湿気が溜まりやすくなるので却下。
ウチの工場の前なんて雨の日とか湿気の多い日はジトジト濡れてホント最悪なんだもの。

で、この図面だと面積16.5坪。
電動シャッターを含むガレージの概算見積りは約250マソとの事(基礎、サッシ別)。
当初坪20マソ~と聞いていたので基礎がどれだけするものか?

とりあえず、この鉄骨ガレージより魅力的な提案が出来るか再度木造さんに聞いてみる。
鉄骨のほうも、実際に車を入れた感じから、階段の位置やバイクの出し入れ含め再考
して貰います。
[PR]
by stonekun | 2015-11-16 18:54 | ガレージ | Comments(6)

道具

e0036677_123358100.jpg


先日、「太いシャーペンの芯ですね」と、取引先の営業に言われた。
2mmの芯を使うちょっと変わったシャーペン。

工業高校だった為、製図をやるのに強制購入させられたもの。
なんだかんだお気に入りでからかれこれ25年以上使っている。
このシャーペンは、画像左上の芯削り器で芯先をシャカシャカと削って使う。
削り方は色々あるようだが、このペンに関しては、細線を引く為「マイナスドライバのように研げ」と
習ったので、そのように先端は限りなく薄く削る。
勿論普通の鉛筆のように円錐もOKだと思う(使う人次第)。
コンパス類も色々あるのだが、今はドラフタを全く使わないので出番は無い。
そもそも場所を取るドラフタは10年以上前に知人にあげてしまった。

芯は割りと手に入りやすい(amazonでも売ってるし)。

残してある唯一の教科書は「製図」
e0036677_15455922.jpg


あんなものこんなもの・・・想像してサイズ検討しながら図面を書くのが好きだった。
その延長にモノを作る作業。

モノ作りはイマジネーション。
いや、仕事や生活全般に言える事。
だから私の中では、道具って大事。

良い道具を使うという事は、できばえに大きく関係する。
だから良いものを選び大切に取り扱う事。
製図の教科書にちゃんと書いてある。

基本だね、うん。
[PR]
by stonekun | 2015-11-14 16:22 | 仕事 | Comments(0)

取材

プルルルルルル・・・

電話を見ると見慣れない市外局番。

電話に出ると、「○○の○○です、なんだかんだで、取材させて下さい」と。
「芸能人の○○さんがインタビュアーです」。

あれ?これ以前も2度程あったぞ。
以前は、芸能人がウチにくるってんで、ビビってお断りしたあれじゃないか。
そういえば、ウチの会計士さんが「取材は受けたほうが良いですよ」と、先日言ってたな。

ってんで、取材日時を決めて電話を切ろうとしたら、「有名芸能人ですので、ギャラが発生しまして、
それに掲載もありますので、5万円を・・・」と最後に(笑)。

ウチに興味があって取材したいんじゃないのか(笑)。
本質は、5万円欲しいから取材したいのであった。
同日10件程回るらしいので、良いお金にはなる。

でもなぜこのタイミング?

と、以前の取材依頼を思い出してみると、「求人をお願いしたな」と思った。
きっとハローワークの求人を見て片っ端から連絡しているのだろう。

会計士に「取材受けたらやっぱりウチ笑われますかね?」と、聞いたら
「えぇ、きっと同じような依頼はそこ等中にしてると思いますから」との返事。

なので、お断りさせて頂きました。
あぁ、あの芸能人に会いたかったな(笑)。

でも、ある意味有名芸能人と小一時間話が出来て、雑誌に自社が載って
5万なら安いかもとちょっと思ってしまった自分が情けない(^^;。

「そんな無駄なお金を払わずとも一生懸命やっていれば取材依頼はきます」だって(^^;。

ミーハーな気持ちは捨てて仕事しまっす(笑)。
[PR]
by stonekun | 2015-11-11 18:48 | 仕事 | Comments(8)