人気ブログランキング |

秋好き

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。
月の頃はさらなり。
闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。

秋は夕暮れ。
夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、
二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。
まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

冬はつとめて。
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、
霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、
火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白い灰がちになりてわろし。。


(現代語訳)

春は、あけぼのの頃がよい。
だんだんに白くなっていく山際が、少し明るくなり、紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。

夏は、夜がよい。
満月の時期はなおさらだ。闇夜もなおよい。蛍が多く飛びかっているのがよい。
一方、ただひとつふたつなどと、かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも面白い。
雨など降るのも趣がある。

秋は、夕暮れの時刻がよい。
夕日が差して、山の端がとても近く見えているところに、からすが寝どころへ帰ろうとして、
三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとものを感じさせる。
ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。
日が沈みきって、風の音、虫の音など、聞こえてくるさまは、完全にいいようがない。

冬は、朝早い頃がよい。
雪が降った時はいうまでもない。霜がとても白いのも、またそうでなくても、とても寒い時に、
火を急いで熾して、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。
昼になって、寒さがゆるくなってくる頃には、火桶の火も、白い灰が多くなってしまい、よい感じがしない。



(現代っ子訳)

春のアレヤバい。
なんか山のところの紫のやつヤバい。雲ヤバい。

夏はなんかアレ。
光るやつ、虫の。アレヤバい。をかし。雨も。

秋も相当パない。
夕方ごろ鳥めっちゃ飛んでる。びびる。超すげー。あと夜もすげー。虫すげー。

冬さみぃ。明け方超さみぃけど雪好き。




中学で習う古文。
長男曰く「くだらねぇ」
をかしw
でも、興味出るだろ?
by stonekun | 2013-09-18 12:41 | 読書 | Comments(3)
Commented by 高橋@works at 2013-09-18 13:01 x
桃尻語訳 枕草子 橋本治 ですね。
今は文庫版があります。
Commented by ゆず at 2013-09-18 15:46 x
現代っ子って全国どこの子も同じギャル語?その発展系?でしゃべるようになってしまいましたよね。
一昔前の地方地方で方言丸出し、もしくはその若者アレンジ版のあった頃の方がかわいげがあったなぁ。
(名古屋でもデラ~、ドラ~、ド何とか~が聞けなくなってしまった・・・)
定食屋とかで食事していると耳に入る、(頭悪そうな)専門学生集団の会話も、なんでもかんでも「超やべぇ」「ぱねぇ」っていうから、それがどれくらいすごいのかおじさんな私には全然伝わってきません。
最近の子はもうちょっとボキャブラリーを増やしておかないと社会に出たら「超やべぇ。」と思う。
Commented by ストーン at 2013-09-18 22:06 x
worksさん
さすがです!


ゆずさん
私も最近の若者の言葉は、略しすぎて意味不明な時があります。
社会に出て痛い目を見れば変わるんでしょう(笑)。
みんな、じぇじぇじぇのあまちゃんみたいだったら可愛いのになぁ(笑)。


<< コスト○ 国立新美術館 >>