直った?

e0036677_1221504.jpg


ショベル。

部品も揃ったので、重い腰を上げて作業。

タイミングライトをFのプラグコードにつなぎ、タイミングマークのホールプラグを
外して、エンジンオン。
オイル吹きまくり!
辺りにオイルを撒き散らしてしまった(^^;。
そうそう、ここオープンプライマリーじゃないとオイル吹くんだった。。。

気を取り直して、、梱包用テープを貼ってエンジンオン!
これまた失敗ですぐにテープは剥がれてしまい、またしてもオイルまみれ(笑)。
今度はテープが頑張ったお陰でシリンダーがオイルまみれ。。。

やはり合いマークを出して、プライマリーカバーに印をして、ホールは塞ぐのが
良いみたい。

でも、見たいじゃないの!!! 
そういや、クリアタイミングホールキャップなるものを見た事があるぞ。
今度買おう。
んで、点火時期は放置(^^;

続いて、一番簡単なプラグコード交換。
交換すると、プラグの頭にあるターミナルが緩んでいるのを発見。
前後とも緩んでいた。
ペンチで締めてプラグコードを交換。

で、エンジンオン!
う~ん、普通にアイドリングしている。
5分位放置。
アイドリングしている。

とりあえず試乗。

パンパン言わないぞ。
普通に乗れるぞ。

そのまま20km程走ったが問題無い。
でも、エンジンからの熱気が凄い気がするんだけど。
オイルタンクの油温計は華氏表示なので190℃程(摂氏90度位)OK。

戻ってきてそのまま5分程放置。
ちゃんとアイドリングしている。

直ったか?
もしかして、プラグのターミナルが緩んでいただけ???

で、工場内に入れた時にエンスト。
もうエンジンはかからない。
多分パーコレーションだと思う。
すんごいガソリンが気化したような臭いがしたから。

これだけ普通に走ったんだから、きっと点火系は直ったっぽい。
あと気になるのがエンジンの熱気というか熱さ。
これはおかしい気がする。

ググると、やはりプッシュロッドの調整(バルブクリアランス)で大分変わるらしい。
また気が乗ったら調整してみようと思います(^^;。

















--
[PR]
by stonekun | 2016-08-27 12:43 | FLH | Comments(2)
Commented by MASA at 2016-08-28 09:41 x
調子が取り戻せたようでよかったです。

ターミナルの緩みかー
そういえばうちのGUZZIが始動不良だった時も微妙に緩んでたんですよね。
結局、エアスクリューの調整で治ったと思ってたんだけど、ターミナルの緩みも原因だったのかも。

鳥居と旧車、良い写真!
Commented by skihouse at 2016-08-29 08:04
エンジンが冷えてからプッシュロッドの調整も見たんだけど大丈夫でしたー。

>ターミナルの緩み。
意外とコレかもしれない(笑)。
プラグ装着した時、今まで気にした事ほとんど無かったから(^^;。

古い建造物と旧車って似合いますよねー。


<< プッシュロッド調整確認 今月初 >>